決済代行サービスを利用する時に大切なことを学ぼう

代わりに作業を行う業者をうまく活用する方法

ローンの基本

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産に抵当権や根抵当権などの担保権を設定して融資を受けることです。借り入れ金の使途は原則自由ですが、金融機関によっては使途に制限が掛かる場合がります。 不動産を担保にすることで、金融機関は返済が担保されますので、無担保の場合に比較し低金利、長期返済でまとまった金額の融資を受けることができるのです。 但し、融資を受けることができるのは、担保評価の80%程度が一般的ですが、この掛け目も会社ごとに異なります。不動産評価は、不動産鑑定士により評価されます。 担保評価の一定割合内であれば、先に抵当権が設定されていても、同じ不動産を担保にして融資を受けることが出来るのです。つまり、1番抵当権が条件ではないのです。

不動産を担保ににして借り入れする場合の注意点

不動産担保ローンを借りる場合の一番の注意点は、返済ができなくなった場合には、担保にした不動産は競売の申し立てがなされ、結果不動産を失うリスクがあることです。この点は十分理解した上で利用することが肝心です。 住宅を購入する場合には住宅ローンと言いますが、この場合でも購入した不動産を担保にして融資を受けますので、不動産担保ローンとも言えます。しかし、住宅ローンは不動産の購入に使途が限定されます。 不動産担保ローンを利用する場合には、不動産に抵当権または根抵当権が設定されますので登記費用がかかります。 抵当権や根抵当権が設定されると、担保にした不動産登記簿には誰がどこからいくら借り入れをしたかが記録されます。返済を完了すれば抵当権や根抵当権は解除する事は出来ますが登記記録上消える訳ではありません。抵当権を抹消しても、登記記録上には抹消されたという記録が追記されるだけです。